タイ(バンコク旅行最後の日のアクシデント
2015年08月25日 (火) | 編集 |
18日最終日
チェンマイからバンコクに向かって飛行機に乗ってる時間に
爆発があったことをバンコクの空港でしりびっくり

まましゃんたちはタイ航空TG644便、セントレア空港にむけて機中の人になりました

座席に座り軽くサンドイッチとオレンジジュースで機内食をとり休むことに
しばらくうとうとしたかな?

なんか喉がかわきムカムカしてきたので、ミネラルウオーターを一口飲んで
酔い止めを飲もうと座席のバックを探したけれど暗くてみつからず
隣のぱぱしゃんにバックの中にお薬が入ってるから出して~と言ったまでは
記憶があるんだけど・・・

その後は失神してようで、記憶がなく
ぱぱしゃんの、X○子大丈夫か?という声でうっすらぼんやりとぱぱしゃんの顔が見えて
その後はまた座席から抱えられて、非常口に寝かされました

非常口って寒い風がビュービュー入ってくるんですね(知らんかった)
ぱぱしゃんがブランケットで風が入らないようにしてくれてその後、酸素吸入してもらって
2時間くらいそのままで
ぱぱしゃんはずーと背中をさすってくれてて・・

酸素がなくなって外したとたんに、今度は寒くないのにすごい震えが全身に
ガタガタと震えるのをみて乗務員さんたちも必死で介護
ペットボトルに熱いお湯を入れてくれて足元を温めてくれたり足をさすってくれたりと
本当にお世話になりました

機内放送でドクターを探してくれたけれどいなかったかな?
もしかしていらしても休暇中などで関わらないほうがいいかもと。。(勝手に想像です)

看護師さんが一人来てくれたけれど
よくわからないと。。

酸素したまま、横になりつつ・・
途中でトイレに行きたくなりぱぱしゃんに抱えられてトイレへ
ぱぱしゃんはドアをしめちゃうと中で倒れたら大変と
ブランケットをドアにはさんで完全に閉まらないようにしてくれてました

水分をとらさないといけないからと、自分で飲めないまましゃんに
ぱぱしゃんは口移しで飲ませてくれたりぼんやりとしか覚えてないけれど

その後セントレアに到着して飛行機の最後に降り、係りの方が
車いすで運んでくださいました

入国もそのまま車いすで通り税関審査も簡単にパス
診療所で軽く診察を受けて

そこではタイ航空TG644便の乗務員さん全員が待っててくださり
送ってくださいました


客室乗務員さんがまましゃんに、なんて献身的で優しい旦那様ですね~と
感激しましたと言ってくださいました

しばらく空港の中で休んでセントレア発四日市行のバスにで無事生桑までかえり
そこからはぱぱしゃん運転の車で自宅に戻ってきました

その後は自宅で休みましたが自分がまたどうにかなるんじゃないかとすごく心配でした

ぱぱしゃんも疲れてるのに何度もそーと見てくれたみたいです

あとから考えるとどうしていいか、また、まましゃんに後遺症とか残ったらと心配で心配でしかたなかったと
ぱぱしゃんも喉がカラカラだったと

あくる日にぱぱしゃんはタイ航空の乗務員さんたちと会社にお礼の手紙をだしてくれました

その手紙の中で私たちは結婚して46年になりますが
このことにより妻の大切さを改めて感じたと書いてありなんだか
涙がこぼれてしまったまましゃんでした

普段は愛してるとか感謝の言葉なんてほとんどないし
怒ると怖いぱぱしゃん(最近はあまり怒らないけど)だけど
心の中は優しいんだな~

最後の日に迷惑をかけちゃったけれど
やっぱり夫婦は大事なんだと・・・

ありがとうぱぱしゃん

タイ航空の乗務員さんたちも本当にお世話になりました
ありがとうございました


つたない旅行記を最後まで読んでくださった皆さんありがとうございました
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/08/25(Tue) 22:24 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/08/25(Tue) 17:59 |   |  #[ 編集]
34ちゃんへ~
34ちゃんありがとう~
今回の旅行は大変だったけれど
いい思い出になりました~
2015/08/24(Mon) 21:14 | URL  | nyanko #tQ725RIE[ 編集]
ほんと、命があってよかったね!ぱぱしゃん、とってもいい人ね。にゃんこの愚痴を聞いていても、本当は優しい人なんだろうなと思っていましたょ。夫婦はなんといっても二人そろっているのが一番。ぱぱしゃんのためにも身体大切にしてね。
2015/08/24(Mon) 17:42 | URL  | 345 #SH1wLFCQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック